最近のイタリアンはどこも美味しい

最近のイタリアンはどこにいってもある一定のレベルだと思う。

パスタもピザも、おー美味いじゃんと思うのだ。

20年近く前のことだが、としまえんの近くに何たら青木というイタリアンができた。

そこのピザが本場の窯を使ったものでとてもおいしいというので友人数人で行ったのだ。

ピザの定番であるマルガリータを頼み待っていると、やたらと大きなヘラで焼き立てのピザを石窯から取り出し、さらにのっけて持ってきてくれた。

うまい。

チーズを焼いたことでの甘味、うまみ、香ばしさ、そのどれもが今まで知っていたピザと違っていたのだ。

それまでのピザといえば生協の冷凍ピザ、近所の喫茶店のミックスピザ、やたらと生地の分厚いデリバリーのピザであるのだから、当然といえば当然なのだが、あの時はえらく感動した。

さて、それから時は過ぎ、色々なイタリアンのお店を訪れてはピザを頂いてきたが、まず店内に石窯があることが珍しくなくなった。

ピザも中華も火力が命。

逆に言えば火力のある石窯さえあればある程度のものは作れるということだ。

いや違うというならば、家の電子レンジやガスコンロでピザやチャーハンを作ってほしい。

とにかく一人のピザ好きとしては、嬉しい限りの変化なのである。切手 買取 東京